豊胸手術の際に麻酔はどうやって行う?痛みはあるのか?

豊胸手術には色々な種類があります。
費用と手術するクリニック・手術法も選択できる時代になりました。
しかし結局のところ、手術には痛みはどれくらい伴うのか?と直感的に心配になる方が多いです。
やっぱり手術という名称なので、実際痛いのでしょうか?

 

基本的に全ての豊胸手術には麻酔が適用されます。
ですから手術自体に痛みを感じることはまずありません。
しかし痛いのは手術後、麻酔が切れた時ですね。
一般的に手術法によって麻酔の種類・痛みも変わってくるのが現状です。

 

 

一般的に豊胸バッグの手術はやや痛い手術と噂されています。
一気にバストアップ出来るメリットはありますが、大胸筋の下にバッグを入れ、筋肉も動かしますから麻酔もしっかり行います。
麻酔が切れた後は、すこし痛みが伴うようです。
もちろん痛み止めも処方されますし、きっちりアフターケアを行うので心配はないのですが
麻酔をしっかり行う手術と言われています。

 

脂肪注入は注射で行いますから痛みはバッグを入れるよりは断然少ないでしょう。
注射前にクリーム麻酔を使いますし、飲み薬によって痛みを和らげてくれるクリニックもあります。

 

ヒアルロン酸注入も注射で注入しますから痛みは少ないでしょう。
塗るタイプの麻酔が用いられ、手術中に痛みを感じることはありません。

 

 

ただ豊胸手術を受けた場合、豊胸バッグの場合、麻酔が切れた後は大変だったという声もあります。
そのため痛みで起き上がることが数日できないという人もいるようです。
マッサージも必要となりますが、そのマッサージすら痛い場合があるようです。
現状よりもある程度大きいバストを希望する方で豊胸バッグで手術する場合は麻酔が切れた後の痛みを覚悟して手術に望んだほうが良いでしょう。

 

一般的に注射の前に、皮膚に麻酔薬を塗布して、刺激に対して感じなくなった後に注射麻酔を行いますので手術中の痛みは皆無ですが、麻酔が切れた後の痛みは手術法によって異なります。
豊胸手術が立派な外科手術です。そのことは念頭に置いた方がよいですね。