豊胸手術を行っても妊娠や出産に影響はあるのか?

豊胸手術といっても種類は様々です。
一般的には脂肪注入やヒアルロン酸注入・豊胸バッグなどが幾つか手術法がありますが、はたして豊胸手術を行った後の妊娠や出産に影響はないのでしょうか?女性としては気になるところでもありますね。

 

妊娠や出産と豊胸手術の関係でまず注意したいのは、豊胸バッグを使った豊胸手術です。
もちろんヒアルロン酸や脂肪注入のリスクが全く無いとは言いませんが、豊胸バッグを使っていると妊娠や出産に影響が出る可能性が少なからずあります。

 

豊胸バッグを入れるのは乳腺組織と大胸筋の間、もしくは大胸筋と小胸筋の間の2通りあります。
母乳を出す乳腺に影響はありませんが、豊胸バッグを乳房に入れることで乳腺を多少なりとも刺激しないとは限りません。
乳腺組織と大胸筋の間に豊胸バッグを入れる場合は特に、乳腺を傷つける可能性が0ではありません。
母乳は乳腺を通って乳首から出てきますから、母乳で育てたいと思っているママさんは一度、念頭に置いて豊胸手術を検討するべきでしょう。

 

また妊娠や授乳前後には乳腺が発達し、バストが大きくなります。
その際、胸が張った状態になるので、豊胸バッグが変形する可能性もあるのです。
豊胸バッグの中身は生理食塩水など、人体に影響の無いですが、それでも妊娠したら豊胸バッグを除去する人は多いようですね。

 

もし今後子供を産みたい、欲しいと思っている女性は、結婚を機会に豊胸バッグを取り出すことも視野に入れたほうが良いかもしれませんね。
ママになるために、安全な母乳をあげられるようになるために、子供、自分のバスト、どちらを取るか?それは答を聞かなくても分かりますよね。

 

 

ヒアルロン酸や脂肪注入は時間がたつと小さくなっていきますが、無事に妊娠や出産を終えて、母乳の時期が過ぎたら、再び豊胸バッグを入れることも可能ですから、小胸を気にしなくても済みます。
もちろん現在は豊胸手術の技術も上がっておりますので、心配な方は一度カウンセリングや相談を受けてみると良いでしょう。