豊胸手術は何回行うものか?手術の継続効用について

豊胸手術には幾つか種類がありますが、通常は何回行った方がよいのでしょうか?

 

まずヒアルロン酸の注入ですが、こちらは数ある豊胸手術の中でヒアルロン酸注入は安全の確立がされた治療として有名です。
基本的にヒアルロン酸を注入した後の胸は膨らみますが、時間が経つにつれて小さくなり、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまいます。
プチ整形とも呼ばれるようなヒアルロン酸注入は、そのくらい手軽に行われているようです。

 

一般的に1年から2年でヒアルロン酸は体内に吸収されますから、1年から2年に1回はバストをキープしたいのであれば何年に一度は行います。
しかし豊胸手術もタダではありませんし、プチ整形といってもコストがかかるようです。

 

ヒアルロン酸注入は注射で行われるもので、比較的痛みも少ないので女性に人気があります。
1カップ70cc程度を注入すると大きくなるようです。
安全で簡単、日帰りできて本当にプチ整形のようなものだと思われています。
施術時間も30分から40分前後となっており、体に負担をかけません。
少し気になった時に簡単にプチ整形としてバストアップしても良いですね。
手軽に回数を重ねる豊胸手術として人気のようです。

 

一時的に大きくして、あとはいつもの自分の胸で構わないという人ならば、1回で充分でしょう。
ただヒアルロン酸で持続性をキープしたいのであれば前述したように1〜2年に1度くらいはヒアルロン酸を注入する必要があります。

 

対して豊胸バッグは長持ちするので、回数を重ねたくない人はお勧めです
メスで切開する手術なので麻酔後は痛みを伴いますが、軽快に向かえば何度も行わなくて良いので選択する方も多い様子です。
豊胸バッグの寿命は5〜10年程度あると言われていますから、5〜10年年に1回取り替えるだけで済みます。
また破損することも現在では殆どなくなり、安全性の高い豊胸バッグを利用しているので、拒絶反応なども少なく何度も行わない方法です。
費用と目的、価値によって豊胸手術の選択は変わってきますので自分に合った手術法を見つけましょう。